メインイメージ

格安で会社設立

格安で会社設立をする方法や法人化するメリット

個人事業主よりは会社設立をして法人化した方が、取引の際でも人材を募集する際にも信頼度が高くて有利というメリットがありますが、最近では個人事業主でも実績を積むことで信頼を得、スムーズな取引を行うような状況になってきています。

所得税と法人税の関係で会社設立をして法人化した方が節税効果も上がる場合もあります。

法人にすると家族が事業を行う場合にも給料を支払うことができます。
そしてそうすることにより、所得が分散され経営者自身の所得税や住民税の節税にもなります。

会社設立には、さまざまな手続きが必要です。

まずは、会社設立に必要な資本金繰りが必要になってきます。

そして株式会社設立の場合は、会社のルールのような定款を作り、それを公証人役場で認定をしてもらう必要があります。

定款の認定を受けたら、それとそのほかの必要な書類等を用意して法務局に設立登記に行きます。
それが済めば、社会保険庁や役所、労働基準局などで従業員に関する手続きも必要になります。

これらの流れで会社が設立できるのですが、手続きの時にも経費がかかります。

まずは定款が紙の場合には印紙代が4万円かかります。

そしてその定款を認証してもらうのに手数料が52000円かかります。

さらに登録をするにあたって15万円必要になります。
しかし定款を紙ではなくてオンラインで認証を受ける場合には印紙代4万円が不要になり格安で設立することができます。

代行業など会社設立における専門業者に依頼するとオンライン定款を認証してもらうことができるので、印紙代はなくてもよくなります。

また株式会社ではなくて、合同会社設立の場合には、定款を作ることは必要ですが、公証人役場で定款を認証してもらう必要がないでその手数料52000円が不要です。
それに登録料も合同会社の場合は6万円で済むのです。

合同会社は株式会社のように、出資者の責任が有限であることや節税ができること、また毎年の決算報告を公開する必要がないので、その掲載料が不要な点でもでランニングコストが安く済むなどのメリットがあリます。

その分、株式会社より認知度が低いことや、株式会社では「代表取締役」といわれる立場でも「代表社員」と呼ばれるなどのデメリットはあります。
それでも格安で会社を設立し、ランニングコストや節税の面からも合同会社を設立する人が増えてきています。

法人にするための会社は株式、合同のほかにも合資、合名、有限など様々の種類があります。
それぞれメリットデメリットはあるので、自分のビジョンに合った法人はどれが良いかをよく考えて設立することが大切です。

最近の投稿